【一緒にお片づけ①】まずは簡単すぎる事から始めましょう【財布編】


汚部屋生活から脱出して約1年。

私が実践して来た事を少しづつまとめていきたいと思います。

前回の記事でお話したのは、私の完璧主義余裕の無い生活が片付けられない原因となっていた事をお伝えしました。

そして、私と同じタイプの人は、簡単な目標を達成する事を繰り返して汚部屋から脱出することもご紹介しましたね。

さて、ではその簡単な目標達成の繰り返しとは具体的にどんな事をいうのでしょうか?きっと完璧主義の方々ならそう考えそう。だってきっちりしたいですものね。

このブログで具体的に、私が実践した方法をご紹介していきたいと思います。
まずは重要だけど小さなスペースのお片づけ

最初にお片づけをするのにオススメなのはお財布です。

何故最初にお財布がオススメなのかというと。

①ほとんどの人にとって大切な物だから。

②お財布の中身は小さいスペースのため机の上で完了出来るから。

③お財布の中にも「必要なもの」「必要になるかもしれないもの」「捨てる程ではないけどとって起きたいもの」「ゴミ」が入っているため、大きなスペースを掃除する時に必要な分類分けの練習もちゃんと出来るから。

④片付けをする前と後の差が思った以上にハッキリと出るから。

⑤忙しい人でも財布の整理整頓だけなだ5分くらいで完了するから。

のような理由からです。

お財布は全ての人にとって大切な物
お財布って全ての人にとって大切な物と言いますが、実際には少し違います。
お財布が大切なのではなく、その中身が大切な物なんですよね。
お金、クレジットやキャッシュカード、多くの人は免許証や保険証等も財布の中に保管します。
この辺は重要度は低くなりますが、お徳に買い物が出来るためのお店のカードやポイントカードなど、バラバラに置いていて迂闊に無くすと生活に支障が出てしまう様な貴重品を保管するツールがお財布です。
このお財布をあえて雑に扱いたい、という人は少ないはず。
コレだけ生活に密着していて、自分の大切な物を保管していますから、大切に扱いたい。でも結講お財布の中がぐちゃぐちゃな人が多いです。
ズボラさんにとっても完璧主義の人にとってもお財布は大切なもの。取りかかって完了するにもハードルの低いお財布から取りかかってみましょう。
ではやってみましょう

早速やってみましょう。

①財布の中身を取り出しても混乱しないスペースを用意(汚部屋だとココからのスタート。大切な物を取り出すので無くさない様に)

②ゴミ袋と(可能であれば)使う頻度の低いカードをいれるカードホルダーを用意

③ご自身の財布を用意

④財布の中身を全部出します

⑤財布の中のホコリや汚れをとります。

⑥現金のみ財布に戻します。

⑦保険証、免許証、キャッシュカード、クレジットカード等、本当に重要な物のみを財布に戻します(ここではポイントカード等はもどしません。無くした場合に警察やカード会社に報告を入れる必要があるカードのみを財布に戻します。)

⑧さて、この時点でお財布の中身はかなりスッキリしていますよね。いつもこの状態を保っていたいという状態になりました。

⑨財布から出ている物で、ポイントカード類とレシート、紙くずを分けます。

⑩紙くずを先にゴミ袋に捨て、レシートも捨て良いレシートは全て捨てます。

ここでいう捨ててはいけないレシートとは、職場で精算が必要なレシートの事をさします。家計簿を付ける為にレシートを取っておく場合は、財布の中に保管するのではなく、「家計簿用レシート保管ボックス(もしくはポーチか封筒)」を別で用意しましょう。「これから家計簿をつける様にしたいから取っておこうかな?」と思っている人は、捨ててください。家計簿をスタート出来ないのが現実です。

⑪不必要なゴミがなくなったらポイントカードやその他のカード類を見直します。

1年に1、2回くらいしか行かないお店のポイントカードは捨てる

1週間に3回以上使うポイントカードは財布の中へ(Tカード、ポイントカード等)

歯医者、クリニックの診察券類は捨てると後々困る事が多いので、使う頻度が多く無ければ別の場所へ。オススメなのは医療関係の書類を保管している場所(お薬手帳や医療費のレシート類と一緒にまとめて保管。)病院に行く時に必要な物を一カ所にしましょう。万が一そういったのが無いのであれば、カードケース、もしくは一時保管として財布の取り出しにくいポケットの中へ(取り出し易いポケットには使う頻度の多いカードを)

ポイントカードで持ち歩く必要のあるものはカードケースへ。

カードケースがなければ、財布でも良いのですがあくまで一時的に。ポイントカードが多い場合は財布の中に置いていても取り出せない場合が多いのでカードケースかポーチなど、財布とは別で保管しましょう。自分の車での移動が多い方は、車の中にカード保管用のケースを用意するのもオススメです。そうすればカバンの中身を少なくする事も出来ます。

⑫必要な物を必要な場所へ。財布、カードケースへ移動。

完了です!

いかがでしたか?ステップにすると、頭でアレコレ考えずに進める事が出来たと思います。

やってみるとあっという間でしょう?

でも、パンパンだった財布がスッキリしたんじゃないですか?

手に持てるサイズの物ですが、結講なビフォーアフターの差ではないでしょうか?

お掃除をして未精算だったレシートを発見ら、お金を損せずにすんだので、お財布の掃除をして少し儲けた感もありますよね。

お財布の中身を掃除すると、レシートを見直して無駄遣いが無かったかの見直しになったり、お財布がスッキリしたおかげで、手荷物のサイズや重さまで変化があります。

お掃除ってやるまでが大変ですが、机の上で解決出来る量であれば、簡単な気持ちで初めて簡単に終われますよね。

そして、お掃除前と後の変化を楽しめたらお掃除スイッチが入り易くなりますので、他にもどんどんお掃除をしていきましょう。

お掃除って生活改善の中で1番効果が目に見える物だと思います。

昨日よりは今日、今日よりは明日、より良い生活を

読んでいただきありがとうございました。