納得の嵐!恋愛系Youtuberしゅくろーさんの動画が面白いし役に立つし、でも私に恋人は出来ないし。だけど彼の動画は全部見た。

オススメ動画

こんばんは!メリ子です。

ここ最近は恋人出来なくて心臓がちぎれそうな日が続くこのごろ。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日は、恋人がいなくて寂しい私が、気持ちを紛らわす為にYoutubeを物色していた所見つけたオススメYoutubeチャンネルをご紹介します。

恋愛系Youtuber「しょくろー」さんの男女脳の説明動画が納得の嵐過ぎる。

最近見つけたしゅくろーさん。

Tiktokでフォロワーが2万人を超えたタイミングでYoutubeチャンネルを開設しましたと、自身の動画で語っていました。

私が初めて彼の動画を見た時には登録者が9000人くらいでしたが、先週改めて見てみたら既に登録者3万を越えてて驚きました。

1番古い動画で2カ月前からYoutube投稿をスタートしていますので、物凄い勢いでファンを増やしていますね。

そして、彼のチャンネルはそんな沢山の人をファンにするだけの内容の濃いコンテンツです。

「モテる」為では無く「良い関係を保つ」ための恋愛術

彼のチャンネルの概要欄に書かれているチャンネルの説明文ですが、

「男性脳と女性脳を理解して、恋人との関係を良好に保つためのコミュニケーション術」をテーマに動画を投稿します。 恋人をつくりたい人にとっても役立つ内容となってますので、ちゃんと実践したい人だけ見てください!

とあります。

Youtubeにはしゅくろーさん以外にも沢山の恋愛をテーマにしたYoutubeチャンネルがあります。

その多くは「どんな人がモテるの?」「相手にOKと言わせる会話術」と言った様な、「相手を落とす」「自分の事を好きな人を増やす」といった感じのテーマが多く、真性喪女の私としては「恋人が1人出来れば満足でモテる事自体は望んでいない。」といった感じです。

モテるのは一般的に良い事とされていますが、喪女がモテ出すとパニックに陥って恐らく日常に支障をきたすこと間違い無し。

ですが、しゅくろーさんの動画は「お互いの事を思い合っているのに男脳、女脳の違いの為にすれ違って分れてしまうカップルを無くしたい」というスタンスで、男女のコミュニケーションの取り方に関する動画を提供しています。

このスタンス好き。

さて、今回は彼の動画の中から、喪女の私でも役に立つと感じた男脳、女脳の違いを開設した動画3本をご紹介します。

▼【無意識に失恋】男女最大のすれ違い

この動画を見た時に「うんうんそう!ほんと、そう!」と彼氏が出来た事もないくせに首がもげそうなほど同意しました。

コミュニケーションの目的が違う事ですれ違いをおこしているカップルって多いでしょうね。

▼【男女の喧嘩】水面下で溜まっていく女性の不満

これもまさにコミュニケーションの目的の違いによるすれ違い。

私はこの動画で言う所の「納得はしていないけど一度感情を押し殺してしまう彼女」タイプの人間なので気をつけようと思いました。

 

▼長続きするカップルの「愛のバランス方程式」を解説!


この動画もとても為になる情報です。

何故なら、私は男性に頼ってはいけないと思って生きて来たので、旦那さんや彼氏は実は頼られるのが好きで尽くす方が嬉しい。そして、女性の方も上手に喜びを表現する必要がある。

という事を知れただけでもお役立ち情報でした。

最近、色々病んでたんですよ。そんな時もYoutube。

いやー、32年間恋愛に縁が無いと色々と余裕がなくなるなー。と思う今日このごろです。(何があった)

詳細は、機会があれば別で記事にしますね。

ただ、そんな時も私はYoutubeで気持ちを紛らわしたり、役立ち情報で気分を回復させたりしています。

もう、ここ最近はYoutube愛が増して来ていて。

文字通り「病める時も健やかなる時も、互いに愛し合う事を誓いますか?」と聞かれたら、私の方は「はい。」と答える準備が整ってる次第でございます。

そして、今回恋愛に関して沢山のヒントをくださったしゅーたろーさん、注目ですね。

彼は今の所22の動画をアップしていますが、全部見ましたし、彼をフォローする為にずーっとダウンロードしたくてもなんとなく手が出せなかったTiktokも今日ダウンロードしました。

恐ろしい男。。。しゅくろー。。

彼の動画によって私も良い恋愛出来るかしら?

恋愛は人を成長させるらしいので、私も成長したいです。

そして、私もYoutubeチャンネルやりたいよー。

 

さぁ、今日はそろそろ寝ますか。

明日も皆様にとって良い日でありますように。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました