【ダイエット体験談③】糖質制限スタート!最初の3週間が勝負でした。

健康&美容

さて、昨日の記事で、病院でダイエット指導をうけた事を書きました。

その指導内容は基本的に「糖質制限ダイエット」

糖質制限で痩せる理由とダイエット中に感じる辛さの理由とその期間を教えて頂きました。(それにプラスでダイエットサポートの漢方を処方されました。)

そのダイエットを実践してみたら、本当に説明通りの期間に説明通りの辛さがあり、説明通りの時期に辛さが解け、説明通りに体重が減っていきました。

今回は、ダイエットをスタートした最も身体的に辛かった「身体が脂肪年少モード」に入るまでの3週間を乗り越えた期間の事をお話しします。

糖質制限ダイエットのポイントを簡単におさらい

身体は糖がある間は脂肪を燃やさない
身体が脂肪を燃やす様になるまで糖を断つ
身体が脂肪燃焼モードになるまでには約2週間
脂肪燃焼モードになるまでは禁断症状みたいなのがでる
脂肪燃焼モードになってからどんどん痩せるけど、それまではあんまり痩せない

糖質制限ダイエットは「脂肪燃焼モード」に切り替わるまでが勝負

上記で簡単におさらいした通り、糖質制限ダイエットは、自分自身の肉体が「糖が全然入って来ないから、めんどくさいけど脂肪を燃やすしかないか〜。」と成る迄が勝負です。

もちろん脂肪燃焼モードになった後も糖質を控えた食生活を続ける必要がありますが、ポイントは脂肪燃焼モードになると糖質をとらない生活が辛く無くなる事にあります。そうすると、続けるのもそんなに辛く無い中で、どんどん体重が減っていくという夢のような状態になります。

ちゃんと糖質を制限すれば脂肪燃焼モードに切り替わるまで、個人差はあると思いますが約2〜3週間です。この期間さえ頑張れば減量が楽になります。

辛い期間があるとはいえ、痩せるまでの辛さの期間が2〜3週間であるならば耐えられる様に思いますよね。

とにかく炭水化物と糖質を避ける

さて、それが分かった所でダイエットをスタートしました。

ルールとしましては、糖質を徹底的に避けます。

基本的に取って良い糖質はポン酢と野菜からのみ

最初の3週間の食事は基本的に肉中心の食事でした。

健康的な食事を考えると、サラダや野菜中心の食事がダイエットに剥いている様に思えますが、糖質制限の観点からすると、野菜よりもお肉が圧倒的に糖質が低いのです。

例えばレタス100gの糖質は約1.7g

でも牛肉100gの糖質は0.1g

お肉の方が圧倒的に少ないですね。

もちろんレタスだって糖質は低いですが、サラダとして食べる時につかうドレッシングに含まれる糖質も懸念点でした。

というよりも、太った人にありがちですが、私は野菜よりも肉が好きなだけです。

糖質を制限する中で、お肉を好きなだけ食べて良いなら、そこでストレスを発散しようと思っていたのです。

その中でも野菜も多少は食べます。

お肉も出来ればソースやお砂糖などで味付けはせずに、ポン酢やトマト缶など野菜などで味付けしたモノを食べていたので、私の中で「私がとって良い糖質はポン酢と野菜のみ」と決めていました。人によってはお砂糖等を計算したり、ご飯を少量だけ食べて糖質制限をする人もいますが、私はそこを管理するのも面倒くさかったのです。

最初の2週間がめちゃくちゃキツい

さて、糖質制限をスタートしました。

最初は糖質制限とはいえ「こんなに大量な物を食べて良いのか。。。」と思う程の量の食事をとっていました。

本当にたらふく、大量に。

最初の3日間はむしろ体重は重くなりました。

太ったというよりも食べた食事の物理的な重さだった気がします。

3日で1kgくらい太りました。

しかし4日目くらいから身体のグッタリ感を感じ始め頭のぼーっとし、食べる為に買い物に行く事と食事を作って食べる意外の事が出来ないくらいになりました。その時は夏休み中でしたので1日中ダラダラすることが出来たのはラッキーでした。そして身体がグッタリしはじめてから、どんなに大量に食事をとっても1日に100gくらい減るようになりました。

運動は全く出来なかった1週目

少し体重が減り始めた頃、正直「これだけキツいのに1日100gしか減らないのは確かに割に合わない。。。。」と思っていました。

まだ、普通に食事をして運動とかで頑張った方が良いんじゃないか?と思った程です。

最初の1週間はまったく運動とか出来ませんでした。

というか、普通の人間がするような生活すら出来ていませんでした。

食べる為の作業以外はずっと寝ていました。キツ過ぎて。

それ位キツかったのです。

お腹いっぱい食べているのに、食べた直後はお腹いっぱいにはなるものの、波の様に「ご飯が食べたい!麺が食べたい!お菓子が食べたい!食べても食べても、何か食べたい!って感覚が襲ってくるよ!」という炭水化物(糖質)に対する禁断症状の様な物を感じていました。その度に枕に顔面を強く押し付けて眠り、起きたらボロボロの様な表情をしながら食べるだけ、という生活でしたので、きっと家族からしたらウザかったんじゃないかなと思います。

運動無しでめちゃくちゃ食べてるのに体重が減る不思議

しかし、1週間程断った頃、本当に毎日100gずつ減って行く事に不思議さを感じました。

4日目頃から100gくらいの体重が減り始めていましたが「100g程度なら水分量の変化程度だろう。」と思っていました。

しかし毎日「こんな量のお肉を食べていたら、否が応でも太るだろう。むしろダイエットをしていない時よりもずっと沢山食べている。」と思う様な量の食事を毎日3食食べていたにも関わらず連続で100g減ったのです。

その頃から「あれ?もしかして少しだけ効果が出てるのかな?」と思う様になりました。とは云え、1週間の間ものすごいグッタリ感を感じながら減った体重は300~500g程度でしたので、普通に考えたら「これだけ辛いのにあんまり痩せない。」と思ってしまう様な状態です

ですが、私は「2〜3週間から大きく減り始めるから、そこまで耐えるのが大事。」と教わっていたので、物凄く辛かったのですが、耐える事に決めました。

スポンサーリンク

3週間はこの生活を続けようと決意

この少しの成果を見始めた時に私は3週間、この生活をしようと決めました。

「脂肪燃焼モードに身体が切り替わる迄は個人差はあるけど、大体2~3週間」と効いていたので、「絶対に脂肪燃焼モードに切り替える!でも辛すぎるので3週間が限界!」という気持ちで決心をしたのです。

とても辛かった時にモチベーションを保った方法

正直「3週間以上は耐えられないけど頑張る!」と決心はしたものの、あまりに辛かったので1週間ちょい過ぎた時点でも残りの10日程度を耐える自身がありませんでした。

そんな中私が3週間耐える為にモチベーションを保つ為に決めていたモチベーションキープ法があります。

糖質の量以外の事は一切気にしない

上記にも書きましたが、糖質以外の事は気にしませんでした。

基本的に良く食べていた物は、牛肉、豚肉、鶏肉、チーズ、卵焼き。

そしてダイエットコーラを良く飲んでいました

身体に良いとか悪いとか考えません。

殆ど毎日1リットル位飲んでいました。

当時は今の様に糖質制限のお菓子やパン等も無かったので糖質制限の時に口に出来る甘い物はダイエットコーラくらいでした。

3週間後に1番食べたい物を作って好きなだけ食べると決める

3週間はこの生活を続けることを決めたので、目標達成をしたご褒美に1食だけ、好きなモノを好きなだけ食べようと決めました。

その時に私が決めたのが「ピザ」

当時は大学生のバイトもしていない夏休み中でお金も全然なかったので、ピザを外のレストランで好きなだけ食べるお金はないと思い、自分で作る事に決めていました。そのため、辛くなったらインターネットで、ピザ生地の作り方や美味しいピザのレシピを眺めて耐えました。

お料理動画を見まくる

これは人によっては逆効果になってしまうかもしれませんが、私は食べるのが帆運等に好きなので、当時はやっていたニコニコ動画で美味しい料理を作る動画をずっと見ていました。(当時はYoutubeがまだ流行っていなかった)

見て満足する事と、美味しそうなおかずやスープの作り方を調べて、糖質制限の食生活の中で食べれそうな物であれば作って食べていました。

今迄はインスタントラーメンをすすりながら「わ〜おいしそ〜。」と思ってみていた動画のレシピを実際に作る様になり、料理のレバートリーも増えました。

意外と「美味しいおかず」を食べる事にフォーカスすれば結講色んな物が食べれる事もわかってきました。

減って行く体重にフィーカスする

そして1番のモチベーションはやはり、減って行く体重にフォーカスする事です。

最初の2週間は確かに1日1〜300g位しか減りませんでしたが、食べている量が量だっただけに、体重が減って行く事が不思議でなりませんでした。

その状態をみて「確かにダイエットの効果が出てるんだな。」と思うしかありませんでした。

3週間耐えられたのはやはりどんなに辛くても体重が減っていた事が1番の理由でした。

毎日辛くても少しずつ減っている体重を見て頑張っていました。

3週間経った頃には身体のキツさもなくなっていた

そして目標の3週間経過の3日前頃になると糖質に対する禁断症状のような辛さも和らいていました。

その体調の変化がかなり劇的で、あまりにも病院で説明された事と一致していたので驚きとともに感心していました。

そして、とうとう目標達成の日。

私は自分で決めていた通り、自分でピザを作って好きな具をのせて食べました。

折角作るので、家族とも一緒に食べたかったのもあり、多めに作りました。

そして作って食べましたが、あんなに楽しみにしていたのに2切れ程食べたら満足してしまったのです。

糖質制限初期に食べていた食事の量の3分の1以下くらいの量で、むしろ小食くらいの量でした。ところが少し食べただけで満足する様になり、その後「待ってました」というばかりの暴飲暴食をする事も無かったのです。

その様子には家族も驚いていて「美味しいよ?もっと食べなよ。」と勧めてくる程でした。

私もやせ我慢をしている分けでもなく、自然と食べない様になったのです。

そして始まった脂肪燃焼モード生活

ピザを食べた次の日は400g程体重が増えたのですが、その次の日も糖質制限をし続けたので、今度は毎日3〜700g程減る様になっていました。

本当に3週間の辛い時期を乗り越えて、その時期を過ぎてから糖質世減を続けると、体重がどんどん減って行く夢の様な状態に成ったのです。

その辛い3週間の期間で減ったのは約4kg程度でした。その後約3週間で9kg減る事になり6週間の糖質制限で13kgの減量をする事になります。

しかし、実はこの後の3週間の間に1度停滞期が来てしまいました。その時に糖質制限だけでなく、様々なダイエット方法も取り入れて合計13kgの減量をする事になります。

次は脂肪燃焼モードに入ってからの3週間で9kgの減量をした生活について書こうと思います。

次回もお楽しみに♪

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました