【ダイエット体験談⑥】みんな意外とやってない糖質制限ダイエットのコツ。

健康&美容

こんにちは、メリ子です。

シリーズでお伝えしている「私が6週間で13kg痩せた話」の記事を昨日で一通り書き終えましたが、もう少しだけお付き合いください。

今回は私が糖質制限ダイエットをした時に抑えていたポイントの話をしたいと思います。

何故かと言いますと、糖質制限ダイエットの方法をインターネットで調べますと「私ならこの方法は続けられないなぁ。。。」と思う様な情報ばかりが流れているからです。

今日は「今振り返って見て気がついた、食べるの大好きな私でも糖質制限のダイエットで13kg減量する事が出来たポイント」をご紹介します。

「この方法だと逆に続けられない」と思っている有名な糖質制限メニュー

インターネットを調べると糖質制限ダイエットに成功した方々が「1週間で○○kg痩せる方法」など、結講過激で、でも気になるタイトルでブログの記事やYoutubeの動画などを挙げているのを目にします。

私も参考までよく見るのですが「う〜ん、、、この方法だと効果は出ても逆に続かなくってリバウンドするだろうな。。」と思う内容が多くあります。

なので、今回は私が見つけた情報で賛成でない糖質制限ダイエットの方法と、その理由をご紹介します。

①コンビニのサラダチキンを食べまくる

糖質制限のダイエット法を紹介する時に沢山のYoutuberさんやインターネット上の記事で取り上げられているサラダチキン。

糖質も脂質も低くダイエットにはもってこいの食品です。

最近では色んな味のレパートリーも増えて来て糖質制限をしたい方々のコンビニランチの強い見方にもなっています。

しかし最近のYoutubeやブログをみると「痩せたかったらサラダチキンを主食にする位のサラダチキンを食べて下さい!そうすれば必ず痩せます!」といった極端なダイエット法を紹介している方々が結構多くいる事に驚きです。

もちろん、他の食品を紹介している人もいますが、それでもサラダチキンを中心としたお料理のレシピや食生活を強くオススメしている内容の多い事多い事。。。

もちろんサラダチキンはコンビニで手に入れる事が出来る抵糖質食品の1つなのでありがたいのですが、ここで覚えていて欲しいのは

鶏のささみを自分で茹でた方が安いし美味しいし糖質も低い

って事です。

コンビニのサラダチキンは大体115~120g。そして糖質が1袋で0.7~2.0gの物が殆どです。それに対して、シンプルな鶏のささみは100gに対して糖質は0g。そもそも糖質が含まれていないんです。

となると、サラダチキンの糖質は味付けの調味料や多少の加工成分と言う事になります。

サラダチキンも糖質が低いので摂取しても良いのですが、実際に糖質制限ダイエットを何日も何週間も続けて行く時に考えて欲しいが「サラダチキンを何日も何日も食べ続けるのって経済的にも食欲的にも辛く無いか?」という事です。

糖質制限をスタートしたての頃は身体が糖質を欲して食欲とストレスが爆発します。

その辛い時期に糖質を取らずにこの期間を取り越え事がダイエット成功のカギとなります。

そんな中、わざわざコンビニにサラダチキンを買いに走って「これを食べ続けたら絶対痩せるから頑張ろう。ハァハァ。」なんてやってられません。

そもそも、私はサラダチキンはお肉としてはそんなに美味しく無いと思っています。いえ、味付けや食感自体は美味しいのですが、自分で茹でたささみその物を食べるよりはやはり添加物や加工する為の成分が入っているのを感じて、そんなに美味しく感じないのです。

自分でお肉をシンプルに塩こしょうだけして焼いたり、ささみならシンプルに茹でてタマネギサラダとしてポン酢をかけて食べた方が味も美味しいし経済的だし、ダイエットの継続に繋がると思うのです。

なので「糖質制限するならサラダチキンが良いらしい!毎日食べると痩せるらしい!」等と偏った考えをせずに「コンビニにある糖質制限の基準値を満たした優秀な食品」位に考えて適度にダイエットに取り入れて下さい。巷の情報に踊らされてサラダチキン信者みたいにはならないように気をつけて下さい。ということです。

②ラーメンやパスタの変わりに糖質制限麺を食べる

私があまりオススメしない糖質制限ダイエット法の2番目は「糖質制限麺」です。

私が糖質制限ダイエットを初めて行った7年前にはこんな素敵な商品はありませんでした。ここ数年、糖質制限ダイエットに賛否両論がありつつも食品業界やコンビニは糖質制限を考慮した食品をどんどん開発しているのを見ると、それだけ大なり小なり糖質制限のダイエット効果を感じている人が増えているのだと思います。

そして数年前から、小麦粉では無く、おからや豆腐を使用した糖質が0gの麺も色々な種類が販売される様になりました。平麺、中華麺やそうめん風など、様々なタイプの麺が出ていてお料理のレパートリーも増えて来ています。

この商品自体は私も時々購入していてお世話になっているのですが、その一方で何故この麺を糖質制限ダイエットにあまりオススメしないのかと言いますと、

麺としてはあまり美味しく無いから。。。です。

食べた人は分かると思いますが、やはり小麦粉を使った麺には到底及びません

正直、麺の食感や味が程よく絡む感じは通常のうどんやラーメン、パスタの麺と比較すると全く別物です。恐らく、小麦粉で作った麺で同じ食感の物が出て来てしまったら完全に「不味い麺」と評価されてしまうクオリティである事はどうしても否めないわけです。

それでもたまに「麺が食べたいなぁ。」と思った時にはお世話になっていたのですが、実はここが落とし穴で、麺が食べたい時にこの麺を食べると、逆に満たされない感覚が強まってしまって糖質制限を一時中断したくなってしまう時が度々あるのです。

麺料理を欲している時に、糖質制限麺を食べると余計に「糖質制限ダイエットは辛い」と感じてしまい、継続の妨げ、もしくは維持的な瀑食いのきっかけと成ってしまう可能性を何度も感じました。

また、麺料理はソースや汁など、通常の糖質制限メニューよりも麺を味付けする為に調味料を多く使う傾向にあり、野菜や肉料理と比べてどうしても糖質を多く使ってしまう傾向になってしまいます。そうなると元も子もありませんね。

という理由で私は糖質制限麺はあまりオススメをしていません。が、オススメをしていないだけで、上手く食事に取り入れる事も出来ます。

それは、食事のメインはならない方法で糖質制限麺を取り入れる事。

麺を食べたい時に食べるとがっかりする食品ですが、他に美味しい物があり、副菜としてお腹をふくらせる為に取り入れる分には良い食品です。

位置的には冷や奴やところてんと言った「食事の主役は別にあって、おかずを1品増やす為にあるお手軽な副菜」のポジションだと良いと思います。

要は、過度な期待はせずに食べると吉。

という事です。

③糖質0のお菓子で欲を満たす

最近では糖質制限を歌ったパンやお菓子をスーパーやコンビニでも見かける様になりました。私もよく買っています。

最近では糖質制限のアイスクリームもあり、しかも味も結構美味しいんですよね。

商品そのものは私も大好きで、このブログでもオススメをしたいと思っている、美味しいしダイエットのサポートになる商品をリストアップしているところなのですが、ここで言いたい事はあくまで食事で満足感が得られないと糖質制限ダイエットの継続は難しいという事です。

食事で満足感を得られないけれども一先ず糖質を抑えた食事をして、でも満足感が無いので間食に糖質制限のお菓子を食べまくる。というのは本当に稀になら良いのですが、毎日そのような食生活だと元も子もありません。

そもそも糖質制限を考慮されたお菓子や食品は通常の食品よりも値段がやや高めです。それにも関わらずに食べた時には通常のお菓子よりも満足感は低いわけです。それは商品の強みである糖質が低い事により血糖値があまり上がらない事も影響しています。

そんな食品で食欲を満たそうと、間食で食べまくっては経済的にも大打撃で継続は難しいですし、そもそもそのお菓子がいくら普通のお菓子よりも糖質が低いと言っても、お肉と野菜と比較すれば糖質は高いのです。なので、お菓子でお腹を満たすのではなく、毎日の食事でお腹も心も満たせる様な食事をしましょう。

スポンサーリンク

④おかずのみにすれば外食でもOK

糖質制限ダイエットなら、炭水化物を食べなければステーキハウスやファミリーレストランで毎日外食しても痩せる、という記事をよく見かけます。それに伴って糖質制限中の外食に何を食べたら良いか、という情報が沢山ありますね。

もちろんご飯、麺、パンを食べなければある程度の糖質制限の効果が期待出来ます。

ですが、私が糖質制限ダイエットをして感じている事はステーキハウスやファミリーレストランなどの外食は思った以上にお砂糖が使われている、という事です。

私も時々外食でオカズのみを食べたりステーキをご飯、パン無しで食べたりします。

そうすると普通に定食を食べた時と比較するとあまり太らないものの、体重が減らない、もしくは、1~200g位増えている事が殆どです。

そうすると、毎日そんな外食を続けていると「我慢している割には結果が出てない」事になり、結局続かない事になってしまいます

そもそもダイエットの継続をするのに1番のモチベーションは、「美味しい」「意外と辛く無い」「安く出来る」以上に「痩せた」という事なのです。

痩せなければ最初は美味しく食事をしていてもそのうち飽きますし、辛く無くても結果が無ければ続ける事に意味は無いのです。

ですが、多少辛くても多少不味い物を食べなくてはならなくても、多少お金がかかったとしても、自分の苦労に見合っただけの効果を実感出来たら、人は続ける事が出来る物です

要は苦労のサイズと効果のサイズのバランスが合っている事が重要です。

なので、糖質制限ダイエットをする時は、たまにであれば糖質に気を使いつつ外食をしても良いですが、外食先ではどんなレシピを使っているのか分からないのですから、自分が予測している以上に糖質が含まれた料理が出てくる事を頭にいれて置いてから食べて下さい。そして外食後に体重が増えたのであれば、次の日にちゃんと糖質の量を調整して、増えた分を挽回するように心がけましょう。

また、ちなみになのですが、ブログやYoutubeで糖質制限ダイエットで外食をしても体重が減っている方々を見た事がある方もいると思います。糖質制限ダイエットは男性の方が女性よりも効果がある減量法です。

例えば1週間の糖質制限で女性が3kg落とせたとしたら、同じ期間で男性は6~8kg落ちるというのはざらです。

私が見た外食で糖質制限を行っていたブログの記事やYoutubeの投稿は全て男性が実践しているものでした。なので女性の方や私が同じ事をやっても同じ様な結果にならないことを念頭に置きましょう。

逆に私がオススメする糖質制限ダイエット継続のコツ

さて、私がお勧めしない糖質ダイエットの方法をご紹介しました。

ですが、そうなると「どうしたら糖質制限を続けられるの!?」と言う疑問がわいてきますね。

そもそも、ゴールは糖質制限を続けて痩せる事。

では、私が考える糖質制限ダイエット継続のコツをご紹介します。

オススメ方法①オカズを自炊してたっぷり食べる

シンプルに1番のオススメはこれです。

糖質制限期間中はもちろん糖質の低い物を食べるのですが、あんまり難しく考えなくって良いです。

糖質制限の基準を満たしたオカズをたっぷり食べる事。

ですが、上記でも述べた様に外食先では自分でも思っている以上に糖の高い調味料をたっぷり使っている事が多いので、出来るだけ自炊しましょう

「そうは言ったって、自炊だと何を食べて良いのか分からないよ。」といる人がいますか?難しく考えなければ意外と簡単に続けれられますよ。

基本的には、ご飯、麺、パン、ジャガイモ、カボチャ、芋類さえ控えていればOKです。

そして、調味料は砂糖みりんだけを気を使っていれば他はほぼほぼ大丈夫。砂糖とみりんも自分でちゃんと量を把握て置けば少しなら使っても問題ありません。(基準は1日90g以下の糖質をキープする事。その量をこえなければ大丈夫です。)

あとは、野菜、肉、卵、チーズ、何でもありなので結講色々食べれますよ。

ざっと例をあげてみましょうか?

<和食>焼き肉、豚の生姜焼き、とんかつ、唐揚げ、肉野菜炒め、豆腐チャンプルー、卵焼き、魚の煮物、白和え、冷や奴、大根の煮付け、みそ汁、すまし汁、ピーマンの肉詰め、焼き鳥、焼きじゃけ、魚とキノコのホイル焼き(ポン酢をかけて)、肉どうふ、たれの甘さを調整したすき焼き、鶏のつみれ、

<洋食>ハンバーグ(チーズや目玉焼きのっけ)、ビーフステーキ、グリルチキン、ローストビーフ、ローストチキン、チキンのトマトチーズやき、ポークソテー、ミネストローネ、ほうれん草のポタージュスープ、

<中華>青椒肉絲、回鍋肉、量を調整出来るなら餃子、八宝菜、中華スープ、卵スープ、棒棒鶏、中華風唐揚げ、ピータン豆腐、(中華料理は厚揚げ炒めやキノコの炒め物等、オカズの種類はキリがないですね)

<その他>生春巻き(中に野菜とサーモンやクリームチーズ、鶏のささみを入れて)、キャベツと豚バラ肉のミルフィーユ蒸し、オムレツ、各種サラダ、

ぱっと思いつくだけでこれくらいあります。

気がついていないだけで、ちゃんと考えるといつもコンビニのおにぎりだけで済ませている食事よりもよっぽどバラエティに飛んだ食生活ですよ。

「食べるものが限られている!」と思わずに、むしろ大好きなオカズを目一杯食べること。(ただし、炭水化物中心のものはNG)

オススメ方法②沢山の種類のオカズ、食品を食べる

さらにいうと、好きなオカズを1種類だけ食べるのではなく、沢山の種類のオカズや食品を食べるとお腹が一杯になるだけでなく、心の満足度もアップします。

沢山の種類のオカズを用意するのは難しいと思う人もいると思いますが、手間をあまりかけずに作るのがポイントです。

【私の食事例①】

◆焼肉(フライパンで炒めた肉に焼き肉のタレをかけただけ)➡作成時間:約4分
◆タマネギサラダ(玉ねぎを切ってポン酢かけただけ)➡作成時間:約2分
◆ほうれん草とツナの炒め物(冷凍のほうれん草とツナをフライパンで炒めただけ)➡作成時間:約3分
◆冷や奴(豆腐に醤油をかけただけ)➡作成時間:約1分
◆ベビーチーズ(買っただけ)➡作成時間:買うだけ

【私の食事例①】

◆サーモンのマリネ(袋にサーモンと調味料をぶち込んで冷蔵庫に放置)➡作成時間:数時間おいておくけど実働は約3分(仕事前とか寝る前にやっておくと楽)
◆タマネギサラダ(玉ねぎを切ってごまドレッシングをかけただけ)➡作成時間:約2分
◆切ったアボカド(醤油やマヨネーズで食べる)➡作成時間:約2分
◆野菜スープ(適当に野菜を切って鍋に入れてコンソメ入れて火をつけて終わり)➡作成時間:約10分くらい、実働は2分くらい➡作成時間:約2分
◆目玉焼きかスクランブルエッグ

「もうそれ料理じゃないじゃん、切ってるだけやん。」ってのもありますね。

それでも立派なオカズです。

1〜2品だけ料理して(それもかなり簡単な調理)あとは切って出すだけ、ってのがあれば案外楽に出来ます。ぶっちゃけ食器洗いより楽です。

毎日の3食でオカズの種類が多いと本当に満足度が上がります

ラーメンだけを1品、パスタを1品、コンビニ弁当なんかを食べるよりもよっぽどごちそうを食べた気になるのに痩せるという、何とも美味しい習慣。

だからこそ、サラダチキンや糖質制限のお菓子に頼りすぎるのをオススメしないのもあります。あくまでダイエットはバランスの取れた食事です。糖質はとらない様に気をつけますが、色々な種類の食品をちゃんととって置けば極端に偏ったダイエットになる危険性も軽減するはずです。

続ける為には満足度を上げる事。その為には食品の種類を増やす事と頑張らない自炊をするのがポイント。

オススメ方法③ストレス発散出来る妥協点を見つけておく

メインの食生活の他に、何かしらストレスを軽減出来る方法を持っているとそれは強みになります。

私の場合はダイエットコーラを飲む事でした。

ダイエットコーラは健康面からすると本当はあまり飲まずに、飲み物は水がきっと1番良い物です。

ただ、私にとってはダイエットコーラは糖質制限ダイエットの基準を満たす範囲内での妥協点でした。

「他の食生活はがんばるから、これだけは好きなだけ飲もう。」と決めてストレス発散の手段にしていました。

他にも「1日1個までなら糖質制限のアイスクリームを食べて良い。」「運動後にコーヒーとシュークリーム(意外と糖質が低い)は食べて良い。」など、暴飲暴食にはならない妥協点を見つけておくのはダイエットを継続することに置いては強みになりますす。

ちなみに、ストレスを軽減するには、食べる事の他に、適度な運動、好きなアーティストの動画をみる、リラックス効果のある香りを嗅ぐ等もあります。

自分にあったストレスを軽減する方法を見つけるのはダイエットだけでなく生活の全てにおいて役にたつ事なので見つけておくと良いでしょう。

普段からストレスを発散すれば、突然の暴飲暴食を防ぐ効果にもなります。

ダイエットを継続するには続けられる方法をとるのが大事

いかがでしたか?

ダイエットは継続あってこそ効果が得られるもの。

でも継続したくても知らず知らずの内に続けられない方法を選んでしまっているかも知れません。

糖質制限ダイエットが辛いと感じている方がいましたら、この記事が参考になれば幸いです。

コツはシンプルに「好きなオカズを食べる様にする」くらいの心持ちで続けると楽しく続けられる物です。

大変な長文になってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました