【2回で】美ら海水族館の年間パスポートがお得で超オススメ【元取れる】

沖縄ライフ

沖縄の人気観光スポットの海洋博記念公園にある美ら海水族館

沖縄に旅行に来た事がある方なら名前を聞いた事の無い人はいないと言っても過言ではない人気観光スポット「美ら海水族館」。

那覇市から車で約1時間半〜2時間ほど北に位置する本部町(もとぶ)にある海洋博記念公園内の人気施設です。

美ら海水族館の見所

沖縄にきたら沢山の観光客が訪れる美ら海水族館、その見所は何と言っても全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽です。

旅行のCMや沖縄の観光雑誌で必ずと言って良いほど紹介される大スクリーンの様な水槽。実際に水族館に行くと大迫力で「やっぱりここがメインだなぁ。」と感じます。

でも、それ以外にも美ら海水族館を楽しむポイントが幾つかあるんですよ

実は地元住民で何度も美ら海水族館に行った事のある人でも「知らなかった」と言われる美ら海水族館の楽しみ方があるんですよ。

今回は、「美ら海水族館」を紹介している他のブログでも取り上げられていない、水族館内プログラムをご紹介します、

ポイント①決まった時間に開催される水槽解説が勉強になるし面白い!

これは地元の人でも意外と知らないのですが、美ら海水族館では割と大きな水槽前でスタッフさんがお魚やサンゴの解説をしてくれる「水槽解説」の時間があるんです。

その解説があるのは「サンゴの海」「熱帯魚の海」「黒潮の海」です。15分程度の解説で、初めてこの解説を聞く事になったのは、たまたま観光で沖縄に遊びに来ていた友達を美ら海水族館に連れて行った時で、普段の私だったら「立ち止まるのも面倒だし、人もいっぱい集まっているから先に進もう」と言っていたのですが、友人が見たいと言ったのでしょうが無く付き合ってあげました(笑)

そしたら、とってもおもしろかったのです!

飼育員さんによる水槽内のお魚の生態や体の特徴、他のお魚さんとの関係値(この種類のお魚とは助け合って生きているんですよ〜、みたいな)等を説明してくれてとっても勉強になったし、大人も子どもも勉強になる良い内容でした。

今まで何となく「わ〜、きれ〜い。」としか感想の無かった水族館がもっと深い知識を得られる場所になったし、「見るだけの場所」だけでなく「自分の知らない世界を体験を通して知る」という場所にランクアップしました。

美ら海水族館で貰えるパンフレットにスケジュールも書かれていますし、下記のURL(海洋博公園のWebサイトで見れるPDFのスケジュール)でも時間を確認出来ますのでチェックしてみて下さい。

海洋博公園プログラムガイド(PDF)

ポイント②美ら海シアターやラボでのワークショップで充実した「体験」を。

大体全体の半分くらいの水槽を見たら、「美らシアター」があります。沖縄の海に住んでいる生物をハイビジョンで見る事が出来ます。シアターを上映していない時間は、スクリーンの後ろにある水槽の窓から「黒潮の海」の水槽にいるお魚(ジンベイザメやマンタ)を見る事が出来ます。

お子様と一緒に水族館に行くのであれば「わくわくラボ」を体験するのも良いでしょう。

飼育員さんが海に住む生物の説明をしてくれてお勉強をしたり、最後には10分くらいで作れる工作も体験出来ます。私が小学生だったら絶対夏休みの宿題に活かしたのに〜(自由研究とか絵日記とか)。

ポイント③見なきゃ損!ジンベイザメの餌付けは圧巻だから絶対1度は見て。

これは是非見て欲しい!

1番人気の巨大水槽前で1日に3回、ジンベイザメの餌付けが見る事が出来ます。体長7〜8mの巨大ジンベイザメのお食事シーン。

実はジンベイザメは食事をする時に水の中で直立するんです。

あの兄弟なジンベイザメが縦になってグォ〜ッと餌を吸い込む姿はかなり圧巻でしたよ!これは見た方が良いです。

餌付けが1日に3回しか無いのでタイミングを逃しちゃうと「2時間後だ〜。」となっちゃう事もありますね。水族館内にカフェもありますが、さすがに何時間も1つのプログラムの為に待ちぼうけするのは嫌です。

実は美ら海水族館は一度入ったら水族館から出ても、同じ日なら再入館が出来る事を知っていましたか?

出口に要る係員さんに声をかけて再入館したいと伝えたら手の甲に透明のスタンプを押してくれます(係員さんが持っている特殊なライトを当てると光るので確認してもらえます)。このスタンプを押してもらえたら再入館出来ますので、その間に無料で見れるいるかショー「オキちゃんショー」を見に行ったりウミガメやマナティー等が無料でみれる資料館もあるのでそちらを見てから時間に合わせて水族館に戻って来たら良いと思います(出口側から入った方が大きな水槽に近いです)。

ちなみに手の甲のスタンプは手を洗っても大丈夫ですが、こすると落ちやすいみたいなので、落としすぎない様に注意して下さいね。

念のためチケットの半券を持っておくのをお勧めします。

スポンサーリンク

たった2回行けば元が取れちゃう年間パスポートが超お得!

さてさてさて、美ら海水族館の魅力をお伝えした所で、「沖縄大好き!1年に何度も旅行に来てる!」と言う方や「沖縄在住の方」にオススメの美ら海水族館の年間パスポートのご紹介です。

まず聞きたいのが、「知ってましたか?年間パスポートの存在!?」私は実は30年余沖縄県民として生きてて知らなかったんですよ。

しかも、この年間パスポートがたった2回行くだけで元が取れてしまう超お得なパスポートである事も知りませんでした。

【美ら海水族館年間パスポート料金】※2019年5月時点
大人••••••••3,700円(税込)/通常料金1,850円
高校生••••••2,460円(税込)/通常料金1,230円
小•中学生•••1,220円(税込)/通常料金610円

年間パスポートを買った日に1回入って、その日から1年以内にもう1回行けば良いので物凄く元を取りやすい。

沖縄県内に住んでいれば、美ら海水族館に1年の間自由に水族館に出たり入ったりって、とってもお得ですよね!?ちょっと憧れてました。

年間パスポートについてくる得点

美ら海水族館の年間パスポートを購入すると水族館入店以外にいくつか得点が着いてきます。

  1. 海洋博公園内の全店舗でのお買い物5%割引(書籍、CD、DVD、フィルム、充電器、タバコは割引対象外)
  2. 海洋博公園内のカフェ、レストランのお食事5%割引
  3. 電気遊覧車 無料乗車(同行者1名様まで無料、通常料金:1日乗車200円/1回乗車100円)
  4. 熱帯ドリームセンターの入場料が半額(通常料金:高校生以上760円 ※中学生以下は無料)

他のブログを見たらお買い物やお食事の割引価格が10%OFFと記載されている記事を見つけましたが、どうやら変更されてた見たいです。

割引価格が少ないのは残念ですが、こちらの年間パスポートを1年後に更新をすると、更新するごとに割引価格がアップするとの事。(1回以上更新すると割引10%にアップします)

もし「来年も継続したい」と思ったら更新しようと思います♪

何気に海洋博記念公園は楽しめる場所が充実しまくってる

美ら海水族館の年間パスポートがお得なのでこの日記を書いているのですが、何気に海洋博記念公園は楽しめる場所が充実しまくっています。

  • 美ら海水族館(有料)
  • 熱帯ドリームセンター(大人のみ有料)
  • 熱帯•亜熱帯都市緑化植物園(無料)
  • おきなわ郷土村 おもろ植物園(無料)
  • 海洋文化館•プラネタリウム(大人のみ有料)
  • オキちゃん劇場(無料)
  • イルカラグーン(無料、イルカのプール)
  • ウミガメ館(無料)
  • マナティー館(無料)
  • 総合休憩所(無料、水族館下にある休憩場、くじらやサメの資料館にもなっている)
  • 総合休憩所外広場(地面からミストの水蒸気が出て来たり、屋台で地元のグルメが楽しめたり、子どもも大人も楽しめます)
  • エメラルドビーチ(無料)
  • 中央ゲート(写真撮影するのに良い場所♪)
  • 噴水広場(中央ゲートからすぐの広場、子ども達が喜ぶ事間違い無し、時間によって音楽に合わせた噴水ショーあり)
  • アクアタウン(無料、3〜12才が遊べる遊具がある公園、夕焼けを見るのにオススメの場所)
  • 展望レストハウス(無料、図書室があったり休憩室、テーブル席があります。展望台のデッキ広場は人も少なくて景色も良くてオススメ)
  • ちびっことりで(無料、日本最大級のトランポリントランポリンエリア。物凄く大きなトランポリンで、小学生以下のお子さんがいる方は是非オススメ)

充実し過ぎ!しかも無料の場所多過ぎ!

ここには書ききれないので割愛していますが、施設の場所以外にも各施設にワークショップや体験コースもあって、全てを堪能しようとしたら丸2日か3日かかっちゃいます。

地元の人はもちろん沖縄によく旅行に来る人にもオススメ

こんなにお得な年間パスポート。

というか、今気がつきましたが、海洋博記念公園そのものがお得過ぎ来る公園でした。(笑)

実は美ら海水族館は沖縄本島北部のかなり田舎にあるため、那覇市や中部地区に住んでいる地元民は「県外から友人が来た時」か「学校や職場のイベントで行くくらい」と言う人が殆どなんです。

でも実際には物凄く充実した国営のエンターテイメント施設で、遠くても那覇市からだとせいぜい2時間で到着出来ます。

私は那覇市在住なのですが、ストレスが溜まると遠くまでドライブに行くタイプで、今までは海洋博記念公園付近まで車を走らせて、そのまま帰って来てました(それで大体4時間くらい)

でもこの度年間パスポートをゲットしたので、今後は美ら海水族館によってから帰って来ようかな♪そして、海洋博記念公園は水族館以外にも楽しめる場所がたくさんあるので、今まであまり行かなかった施設にも足を運ぼうと思います。

最後に年間パスポートの作り方

さてさて、ココ迄来て、最後に年間パスポートの作り方をご紹介します。が、私が事細かに書くよりも、美ら海水族館の公式HPで写真付きでとても丁寧に説明していますので、そちらを御覧ください。

美ら海水族館 年間パスポートの作り方&得点詳細

 

最後まで読んで下さってありがとうございます♪
人気ブログランキング 

コメント

タイトルとURLをコピーしました